ライザップゴルフ 札幌

ライザップゴルフ 札幌

ライザップゴルフ 札幌

 

紳士のスポーツのゴルフ。老若男女楽しめるスポーツですが、日本に入って来たのは1901年に神戸の六甲山に作られた神戸ゴルフ倶楽部ですが、このゴルフ場は外国人の為のゴルフ場で、日本人の為のゴルフ場は1913年に東京の駒沢に作られた東京ゴルフ倶楽部が最初です。

 

日本でゴルフというと“接待ゴルフ”が有名ですね。欧米ではあまりお仕事を絡めたゴルフ接待は行われないようです。そもそも接待という概念が欧米には無く、ビジネスの契約に至っても対等の立場で行うのが欧米の考えです。発注側、受注側といった上下関係の概念も存在しないからのようです。

 

この様に、ゴルフは長年日本のビジネスシーンにおいて重要なツールの一つでしたが、今後はどうなるのでしょうか?日本でのゴルフ人口は20年前に比べて半減しており、このままではゴルフに関わる日本の市場はどんどん縮小していき、国の人口もゴルフ人口も減っておりますので、このままでは日本のゴルフは衰退していくのではないでしょうか?

 

ゴルフの衰退する理由の一つとして「初期投資が高い」という問題があります。ゴルフクラブを初めとして、ウエアやシューズ、グラブといったものが高く、手軽にやってみたいなと思うスポーツでは事が、ゴルフ離れの一因となっています。中古品やリサイクルショップを活用すれば安く道具を手に入れる事は出来ますが、それでも普通の家庭では趣味に掛けるコストとしては費用が高いです。

 

良いのもは高いというのは解りますが、ゴルフ人口を増やす為にメーカー側も、もう少し安くて手に入りやすい物を提供してはいかがでしょうか?

page top